全高2m超 価格98万5千円の巨大エヴァ初号機発売(2/5) | アニメ!アニメ!

全高2m超 価格98万5千円の巨大エヴァ初号機発売(2/5)

ニュース アニメ

 1995年のテレビ初公開から10年以上、アニメ史に残るエポックメイキングな作品として『新世紀エヴァンゲリオン』の人気は衰える気配がない。
 今年からは、新作劇場版映画4部作も予定されており、さらに話題が盛り上がりそうだ。
 
eva01_1.jpg そうした『エヴァ』人気を追い風に、関連キャラクター商品の企画も数多い。しかし、今回その中でもキャラクター商品の極めつけともいうべきエヴァフィギュアが登場した。
 それは有限会社秋山工房が発売する『エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア』である。その名前の通り等身大、というよりも全高2m9cmだから、並みの大人より遥かに大きい。サイズがでかいだけに値段も相応で、本体価格は98万5000円(税別)となっている。
 消費税を含めると100万円を越えるというスケールの大きな商品となる。

 こうした巨大高額フィギュアに、果たして購入者はいるのか少し心配になって来る。しかし、心配は無用、実は商品の大型化は現在のフィギュア業界のトレンドなのである。
 バンダイの発売する1/12等身大モビルスーツシリーズは売れ行きも好調であるし、昨年海洋堂から発売された『北斗の拳』のケンシロウは609,000円(税込)という高額にもかかわらず、完売したという。
  今回はアニメファンのなかでも圧倒的なブランド力を誇る『新世紀エヴァンゲリオン』だけに、ファンの熱い心をくすぐるのは間違いないだろう。

 フィギュアを制作するのは、遊園地や映画のセット、イベントの造形物製作を本業とする秋山工房である。決して大きな会社ではないが、納得の行く造形を作りたいという情熱と、世に自分たちの存在を知ってほしいという思いから、この商品を企画した。
 さらに秋山工房は、現在、等身大フィギュア「綾波レイ」の製作を進めているという。秋山工房の造形への思いはまだまだ続きそうだ。また、「綾波レイ」が完成すれば、今回のエヴァ初号機を上回る話題を呼びそうだ。
(c)GAINAX・カラー/Project Eva

/秋山工房 
 /エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア紹介ページ 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集