koutetu.jpg そのユニークなロボットデザインでかつて子供達の絶大な支持を集めた『鋼鉄ジーグ』が、あらたなアニメ『鋼鉄神ジーグ』として蘇る。4月5日(木)よりWOWOWの毎週夜11時半から放映開始予定である。
 旧作にあたる『鋼鉄ジーグ』は、1975年の作品である。当時、数多くあった人気巨大ロボットアニメのなかでも、日本の古代をモチーフにした設定や磁石で合体するロボット玩具で人気を集めていた。
 日本のアニメの人気の基礎を築いた『デビルマン』や『マジンガーZ』、『キューティーハニー』などと同じく、原作はマンガ家の永井豪氏である。

 今回のリメイクは、旧作から直接つながる続編で、舞台は初代『鋼鉄ジーグ』から50年後に置かれる。再び復活したハニワ幻神に主人公草薙剣児が鋼鉄神ジーグとなり戦う。シンプルで勧善懲悪な物語であると同時に、大人の為の究極のロボットアニメを目指している。
 監督には『新・ゲッターロボ』でも永井豪氏の作品監督を行なった川越淳氏。70年代、80年代の人気アニメのリメイク化が増えているが、そのなかでも大人も子供も楽しめるアニメとして一際注目を浴びそうだ。

(C)永井豪/ダイナミック企画・ビルドベース

鋼鉄神ジーグ
07年4月5日(木)スタート
毎週木曜夜11時30分WOWOW放送予定

2月4日(日)「WOWOW無料放送の日」夜8:00~
「新生REIDEEN フェードイン 春のロボット祭り」に永井豪さん登場。
4月5日(木)夜11:30よりスタートする「鋼鉄神ジーグ」への熱い思いを語る!

メインスタッフ
原作: 永井豪
監督: 川越淳
シリーズ構成: 早川正
脚本: 外池省二/高橋ナツコ/柿原優子
キャラクターデザイン 作画監督: 菊池晃
メカデザイン: 堀井敏之  ハニワ幻神デザイン: 小川 浩
美術監督: 坂本信人 色彩設計: 原田幸子
撮影監督: 阿部安彦 CGI: シフト・アール
編集: 田熊純 美術: bic studio
撮影: レアトリック 音響監督: 岩浪美和
音響制作 : 神南スタジオ 音楽プロデューサー: 井上俊次
音楽制作: ランティス
アニメーション制作: アクタス
製作: ビルドベース 《animeanime》