全米プロデューサーズ組合賞 アニメ部門候補5作品発表(1/4) | アニメ!アニメ!

全米プロデューサーズ組合賞 アニメ部門候補5作品発表(1/4)

ニュース アワード/コンテスト

 来年3月のアカデミー賞まで続く、アメリカの映画賞レースの主要な賞のひとつ全米プロデューサーズ組合によるPGA賞(全米プロデューサーズ組合賞)の候補作品が1月3日に発表された。 
 PGA賞は受賞部門に個人賞はなく、3つの映画作品賞と5つのテレビ作品部門のみから構成される比較的小さな賞である。しかし、賞を選ぶのが映画のプロの中でも特にシビアな眼を持つ映画・テレビのプロデューサー達だけに関心は高い。

 このうちアニメーション映画部門のノミネートは5作品で、『カーズ』(ディズニー/ピクサー)、『マウスタウン ロディとリタの大冒険』(ドリームワークスアニメーション/アドマン)、『ハッピー フィート』(ワーナー・ブラザーズ)、『アイス・エイジ2』(20世紀フォックス)、『モンスターハウス』(ソニー)となった。
  
 PGA賞の候補作品も今年の他の大型賞と同様に、米国のメジャースタジオによる大作フル3DCGアニメーションに占められている。あらためて今年のフル3DCGの勢いを見せつける結果となっている。

 他の賞と較べてみると、ゴールデングローブ賞のノミネートの3作品は、全てPGA賞のなかにも含まれている。しかし、アニー賞には『オープンシーズン』と『森のリトルギャング』は含まれているがPGA賞にはなく、代わりにPGA賞では『マウスタウン ロディとリタの大冒険』と『アイス・エイジ2』が含まれている。
 この3つの賞とアカデミー賞の予備選考の全てに入っている作品は、『カーズ』、『ハッピー フィート』、『モンスターハウス』の3作品である。今後の賞レースもこの3作を中心に展開しそうだ。
 
/全米プロデューサーズ組合(The Producers Guild of America)
  /PGA賞特設コーナー

PGA賞候補作品
/『カーズ』 
/『マウスタウンロディとリタの大冒険 』 
/『ハッピー フィート』 
/『アイス・エイジ2』 
/『モンスターハウス』 

《これまで主要な賞の結果》

ロサンゼルス批評家協会賞
ハッピー フィート
次点 カーズ

ニューヨーク批評家協会賞
ハッピー フィート

アニー賞ノミネート
ハッピー フィート
カーズ
モンスターハウス
オープンシーズン
森のリトルギャング

ゴールデングローブ賞ノミネート
ハッピー フィート
カーズ
モンスターハウス
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集