2006年 アニメビジネス10大ニュース(1/1)

ニュース そのほか

1位 『涼宮ハルヒの憂鬱』ブーム
       U局発の人気アニメ登場 変わる地上波テレビの役割

2位 『時をかける少女』ロングラン興行に
       大型劇場アニメより小規模公開の作品に話題が集中

3位 躍進するウェブアニメーション
       蛙男商会の地上波進出とやわらか戦車の商品展開

4位 双日 米国ADVに資本参加 
     米国1アニメ流通会社に出資で日米アニメビジネス融合に向かう

5位 インターネットでのアニメ販売元年 国内外で成長するアニメ配信
       米国で相次ぐアニメ番組のダウンロード販売

6位 国内外で拡大するアニメイベント
    東京国際アニメフェア、アニメエキスポ、ジャパンエキスポ過去最大規模に

7位 上場新興アニメ・マンガ関連企業に相次ぐ業績下方修正
       大型下方修正で株価急落企業続出

8位 日本アニメに外国人監督登場
       鉄コン筋クリートにアリアス監督 海外で増える日本アニメスタイル

9位 代々木アニメーション学院会社更生法申請
       変わるアニメーション教育の現場

10位 機動戦士ガンダムDVD-BOX登場
       ブルーレイ・HD-DVDも本格始動

番外 コミックマーケット代表米澤嘉博氏死去
 コミックマーケットは直接アニメとつながらないが、アニメを含む日本のポップカルチャーの育成に大きな影響を与え続けた。そのコミケの運営を担った米澤嘉博氏のこれまでの役割の大きさと逝去の影響は計り知れない。

各ニュースの詳しい解説はこちら
/アニメビジネス10大ニュース 1位~5位
/アニメビジネス10大ニュース 6位~10位
《animeanime》

特集