国際アニメフェア クリエーターズワールド参加者決定(12/23) | アニメ!アニメ!

国際アニメフェア クリエーターズワールド参加者決定(12/23)

ニュース イベント

 来年3月開催の東京国際アニメフェア2007は、期間中に開催される若手クリエーター育成企画「クリエーターズワールド」の参加者を決定した。
 「クリエーターズワールド」はアニメーション分野の若手人材育成を目的にしており、東京国際アニメフェアのなかでも主要事業のひとつである。東京国際アニメフェア開催4日間(2007年3月22日から25日)見本市会場に設けられた一角で、その作品を一般ファンとビジネス関係者に紹介する。

 今回選ばれたのは青池良輔、加藤タカ、栗栖直也、くろやなぎてっぺい、坂元友介、TAKORASU、野山映、花里清彦、深瀬沙哉、丸山薫、武藤健司、山路直樹(敬称略)の12人である。
 参加者には既に名の知られたクリエーターも多く、国内の各種コンペテイションの上位入賞者が並んでいる。例えば、TAKORASUは10月に開催された東京コンテンツマーケットでTCMアワード3部門を受賞しているし、坂元友介の『電信柱のお母さん』は今年の吉祥寺アニメーション映画祭のグランプリ、丸山薫や青池良輔はCGアニメコンテストの上位常連など数えればキリがない。

 まさに日本のインディーズアニメーションの優れたクリエーターが、一堂に会するという感じである。
 クリエーターズワールドの参加者は毎年入替わるが、毎年参加者を入替ながらもクリエーターのレベルが落ちないのは、日本のインディーズアニメーション作家の底辺の広さでもある。

 「クリエーターズワールド」は、一般のアニメファンにとっては日本の優れたインディーズアニメーションとクリエーターをまとめてみることが出来るよいチャンスである。見本市の会場の中ではあるが、むしろ手軽に観られるという点で敷居が低い。
 また、商業アニメと隣り合わせて紹介されることは、インディーズアニメーションの認知度の向上で大きな意味がある。

 一方で、「クリエーターズワールド」の本来の役割である若手クリエーターの育成といった点で見逃せないのが、ビジネスとの関わりである。クリエーターの育成を考えれば、クリエーターが金銭的に報われることや作品の商業化が無視出来ない。
 ビジネス関係者が多い見本市は、クリエーターにとってビジネスとの接点になる。実際に昨年の参加者には、国内外のビジネス関係者からの問い合わせが多かったという。
 
 ここ数年、インディーズアニメーションの作品の質の向上やクリエーターの増加、インディーズアニメーションの商業化が進んでいる。このためビジネス面での注目度はさらに高まっている。
 このクリエーターズワールドや東京アニメアワードでクリエーターを見つけ出したいと考えるビジネス関係者は、例年にも増して多くなりそうだ。

/東京国際アニメフェア2007
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集