トーハン年間ベストセラー1位に 小説版『銀魂』(12/20) | アニメ!アニメ!

トーハン年間ベストセラー1位に 小説版『銀魂』(12/20)

ニュース 映画/ドラマ

 大手出版販売トーハンが発表した2006年年間ベストセラー・新書-ノベルズ部門で、人気マンガ『銀魂』のノベライズ版『銀魂 3年Z組銀八先生』(空知英秋/大崎知仁ノベライズ 集英社)が1位になった。
 『銀魂』は本年4月からアニメも放映されている。『銀魂 3年Z組銀八先生』は銀魂のキャラクターが活躍する学園コメディー小説で、マンガやアニメとは異なる世界が展開する。
 
 2位には人気ベストセラー作家京極夏彦氏の『邪魅の雫』が入っている。そのほかベスト10には、西村京太郎氏、内田康夫氏、田中芳樹氏などの有名作家が並んでいる。
 人気作家を越えての1位獲得は、原作マンガ『銀魂』の高い人気の結果といえるだろう。

 また3位には、同じ少年ジャンプ連載の人気マンガ『D.Gray』のノベライズ本『D.Gray-man reverse (2)』(星野桂/城崎火也 集英社)もランクインしている。
 さらに単行本・文芸部門では、少年ジャンプの『DEATH NOTE』の小説版外伝『DEATH NOTE ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB連続殺人事件』(西尾維新/大場つぐみ原作/小畑健原作 集英社)が第8位に入っている。
 こうした結果はマンガやアニメのノベライズ市場の大きさと、そのなかでの少年ジャンプの存在感を感じさせる。DVDやCD、キャラクター商品を中心とするアニメやマンガのメディアミックスに、今後は小説の占める存在も大きくなりそうだ。

 トーハンの年間ベストセラーは、2005年12月から2006年11月までの取扱いを集計したものである。集計ジャンルは総合、単行本(文芸/ノンフィクション/ビジネス/ゲーム関連書籍)、新書(ノベルズ/ノンフクション)、全集の4部門となっている。

 ゲーム関連書籍部門では『おいでよ どうぶつの森 かんぺきガイドブック』(ファミ通書籍編集部 エンターブレイン)が1位になった、2位、6位も『おいでよ どうぶつの森』の関連本である。
 『おいでよ どうぶつの森』は、ニンテンドーDS向けのゲームソフトで、先週末に劇場アニメも公開されている。こちらもメディアミックスの展開がm大きな人気を呼んでいることがわかる。

 さらに、3位、5位、7位、10位はいずれもニンテンドーDS向けの『ポケットモンスター』シリーズの関連本である。DSの関連本は、8位の『Newスーパーマリオブラザーズ』(Nintendo DREAM編集部編 毎日コミュニケーションズ)も含めて、ベスト10のうち8タイトルを占めている。
 06年に日本のゲーム業界を席巻したDSブームが、関連書籍の市場にも及んでいたことがもわかる。

2006年 年間ベストセラーズ(新書-ノベルズ部門)
/トーハン調べ」
1. 銀魂 3年Z組銀八先生           空知英秋/大崎知仁ノベライズ 集英社
2. 邪魅の雫                     京極夏彦              講談社
3. D.Gray-man reverse (2)        星野 桂 城崎火也       集英社
4. 霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹              講談社
5. 陽気なギャングの日常と襲撃        伊坂幸太郎            祥伝社
6. 包帯クラブ                    天童荒太            筑摩書房
7. 化生の海                    内田康夫              講談社
8. 外房線 60秒の罠              西村京太郎        実業之日本社
9. 三河恋唄                    西村京太郎            双葉社
10. 湖西線12×4の謎              西村京太郎           角川書店

2006年 年間ベストセラーズ(ゲーム関連書籍部門)

/トーハン調べ」
1. おいでよ どうぶつの森     ファミ通書籍編集部       エンターブレイン
  かんぺきガイドブック 
2. おいでよ どうぶつの森  Nintendo DREAM編集部編 毎日コミュニケーションズ
3. ポケットモンスターDP   Nintendo DREAM編集部編 毎日コミュニケーションズ
  シナリオクリアBOOK 
4. FF12 ファーストフライトガイド  Vジャンプ編集部編      集英社
5. ポケットモンスター DP     元宮秀介&ワンナップ編著  メディアファクトリー
  公式ぼうけんクリアガイド 

/トーハン 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集