TSUTAYA 映像配信サービスと携帯電子書籍に進出(11/23) | アニメ!アニメ!

TSUTAYA 映像配信サービスと携帯電子書籍に進出(11/23)

ニュース 話題

 レンタルソフトの大手企業カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、子会社を通じてインターネットの映像配信サービスと携帯電話での電子書籍サービスを開始する。

 映像配信の分野では今年7月21日に設立したTSUTAYA BBが、インターネットからストリーミング配信、ビデオ・オン・ディマンド(VOD)、ダウンロード販売を通じてコンテンツ提供する。サービスの提供はインターネットを利用した、CCCの別の子会社ツタヤ・ディスカスが行う。
 ツタヤ・ディスカスは、インターネットを利用したDVDのCDの定額レンタルを行っている。これは従来のレンタルサービスをインターネットに拡張したもので、実際にディスクを郵送でやりとりするものである。
 アニメだけでも8000タイトルを超える豊富なラインナップを誇り人気を集めている。06年末の会員数は17万4000人になる。

 しかし、ここ1、2年でアニメなどを中心に、インターネットを通じたオンディマンド配信が拡大をしている。これまでのDVDやCDのレンタルサービス事業が、インターネットビジネスに侵食される可能性は強く、レンタルビジネスの将来に大きな影響を与えると考えられている。
 今回の試みはレンタル業界の大手企業が、自らインターネット配信事業を目指すものである。

 CCCは当初は、人気映画約1000タイトルを順次配信して行くとしている。このなかにアニメ映画がどの程度含まれるかはわからない。
 しかし、既に有料、無料の数多くのアニメ配信サイトが存在している。アニメに関しては、今後どの程度の作品数を集められるかが鍵となるだろう。

 一方、CCCグループのツタヤオンラインは、11月20日からケータイ総合電子書籍サイト『デジタルTSUTAYA BOOKS』を開始している。
 こちらは携帯端末向けに、小説やマンガを提供するサービスである。当初1000タイトルの作品を集めているが、そのうち350タイトル(3000話)はマンガとなり、全体の大きな部分を占めている。
 マンガ作品には『銀河鉄道物語』(松本零士)や『ラブリー!』(桜沢エリカ)などが含まれている。

 また、同社の相次ぐ新メディアでのコンテンツ配信事業への進出は、コンテンツビジネス事業の強化であると同時に、DVD・CDレンタル事業の将来に対する危機感の表れともいえるだろう。

/カルチュア・コンビニエンス・クラブ 
/ツタヤ・ディスカス 
/ツタヤオンライン 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集