10月28日はアニメーションの日(10/28)

ニュース 話題

 10月28日は国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)が定めるアニメーションの日「国際アニメーションデー:International Animation」である。
 国際アニメーションデーは、2002年に世界規模のアニメーション業界団体であるASIFAが定めたもので、今年で5回目を迎える。日付の由来は1892年10月28日が、フランス・パリでエミール・レイノーが世界で初めてアニメーションを公開したとされていることにある。
 このレイノーのアニメーション初公開から、今年でまる104年が経ったというわけである。

 この日に合わせて世界各地のASIFA支部で、アニメーション関連の様々なイベントが開催されている。ASIFA日本支部も昨年からこの記念イベントに参加しており、今年は東京・京都・広島で各種イベントが行われている。
 ただし28日に先立って開催された企画も多く、一足早く終了している。このプログラムには、広島国際アニメーション映画祭の紹介や台湾アニメーションの紹介、世界各地のアニメーションの上映会などが含まれている。

 一方海外では、今年から新たに国際アニメーションデーに参加したASIFA英国が、特別企画として「スタジオジブリ特集」をロンドンの国立映像映画テレビ博物館で開催した。
 特別企画「スタジオジブリ・スペキュレーター」では、『となりのトトロ』、『千と千尋の神隠し』、『もののけ姫』の上映が行われた。

 また、カナダではカナダ映画協会とオタワ国際アニメーション映画祭が共同で、アニメーションの歴史と題した映画上映会を行った。
 エミール・コールの『ファンタマゴリー』など歴史的な作品に交じって日本から辻直之さんの『闇を見つめる羽根』や束芋さんの『ジャパニーズ・キッチン』などが紹介されている。

 アニメーションの日はまだまだ一般に広く知られているわけではないが、国際的なアニメーション普及活動として今後はもっと広がって行きそうである。

/国際アニメーションフィルム協会(ASIFA) 
  /国際アニメーションデーの紹介 

/ASIFA 日本支部 
/ASIFA英国支部の行事
《animeanime》

特集