iTunes 世界のインディーズアニメを販売(9/9) | アニメ!アニメ!

iTunes 世界のインディーズアニメを販売(9/9)

ニュース 話題

 iTunesミュージック・ストアは、同ストアを通じて世界でも代表的なインディーズアニメーション10作品の販売を始めた。
 これは世界各国の短編映画を管理するショート・インターナショナルが作品を提供する。同社は世界中の短編映画を管理しており、その中には世界各国の有名映画祭に出品された作品や有名監督による作品も少なくない。

 今回、その中から傑作とされるインディーズアニメーション10作品がiTunes を利用して販売される。作品のほとんどはここ2、3年に発表されたもので、長さは10分から30分程度である。
 2006年のアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したジョン・カンメーカー氏監督の『THE MOON AND THE SON: AN IMAGINED CONVERSATION』などを中心に、アカデミー賞のほか世界各国のアニメーション映画祭に出品された作品が多い。

 これらの作品は日本のiTunesミュージック・ストアでは購入出来ない。また作品の中には日本のアニメーション作品は含まれていないなど残念な点も多い。
 しかし、これまではDVDパッケージ向きでなかった短編アニメーションをインターネットでダウンロード販売することは、新しいビジネスとして興味をひく点が多い。

 つまり、現在の日本のインディーズアニメについてもこれと同様のビジネスガ成り立つと考えられるからだ。最近、インターネットビジネスの場でしばしば言及されるニッチな市場のビジネスを積み重ねることで大きな利益を得るロングテール・マーケティングに通じるものがある。 

 日本のインディーズアニメは比較的短い長さの作品が多く、多くの作品は視聴者層が限られている。また、インディーズアニメの作家がDVD制作をするには、ある程度の長さと作品の数が必要とされてきた。パッケージ制作の手間やコストがかかることも、DVD制作は短編アニメーションの作家にとって敷居の高い理由である。
 しかし、短編を1本、1本個別に販売することが可能であれば、DVDに必要な長さの作品を無理に準備する必要がない。ダウンロード販売はインディーズアニメに適したものと考えらる。また、購入する側も自分の欲しい作品を比較的低額で購入することが可能になる。
 国内外ともまだ始まったばかりの映像作品のダウンロード販売だが、インディーズアニメにとっては大きな可能性を秘めていそうだ。

ITunesで販売される世界のインディーズアニメーション
『THE MOON AND THE SON: AN IMAGINED CONVERSATION』John Canemaker
『THE MYSTERIOUS GEOGRAPHIC EXPLORATIONS OF JASPER MORELLO』
Anthony Lucas
『THE FAN AND THE FLOWER』
『Smile』  Chris Mais
『BUTTERFL』Y Corin Hardy
『BADGERED』 Sharon Colman
『THE FREAK』  Aristomenis Tsirbas
『THE MANTIS PARABLE』Josh Staub
『THE UNSTEADY CHOUGH』Sam Leifer 、Jonathan van Tulleken
『OOLA OOP L'EAU DE OHH』Carolle-Shelley Abrams

/ショート・インターナショナル 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集