新作アニメの携帯放送 テレビ放送と同時発信(9/2) | アニメ!アニメ!

新作アニメの携帯放送 テレビ放送と同時発信(9/2)

ニュース ウェブ/スマホ/モバイル

 携帯ブロードバンド放送「Quick. TV」を運営するフロントメディアは、この秋の新作アニメ『BLACK BLOOD BROTHERS』の地上波放映直後に携帯向けに無料の番組放送を行う。
 これはフロントメディアと携帯向け動画配信会社jig.jpが共同で行う携帯放送事業の第1弾として企画されたものである。日本と香港を舞台に吸血鬼の主人公たちが活躍するSFアクション作品『BLACK BLOOD BROTHERS』は、東芝エンタテインメントが提供する。

 番組の第1回は9月8日の深夜から東京MXテレビとキッズステーションで放映される。この9月8日の放映直後に、Quick. TVは携帯向けの放送を開始する。
 番組のダウンロードのためには、会員登録とjig.jpが開発した高画質再現のための動画アプリケーションのダウンロードが必要になる。

 作品の放映が地方放送局やケーブルテレビに限られていることもあり、番組製作側にとって携帯向け無料放送は番組認知度を向上させる大きなメリットがあるだろう。
 また、Quick. TVにとっては完全新作のアニメ作品の無料放映は、放送サービスの認知度と利用者の増加に向けて大きくアピールするに違いない。

 これまで、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズや『エウレカセブン』など、地上波放送を行った作品のPC向け無料配信は数多い。また、そうした試みのいくつかはインターネットの無料配信と高視聴率、好調なDVD販売を実現させている。
 今回の試みはこのPC向けのサービスを携帯向けのサービスに置き換えたものである。

 携帯向けのインターネットサービスは、PC向けのインターネットと並ぶ、ネットサービスの主要な事業である。しかし、これまでは携帯放送はダウンロードのスピードや画質、画面の大きさなどの問題もあり、PC向けほどは活発ではなかった。
 PCとは異なる性格を持つ携帯向けサービスで、30分のアニメ番組の無料放送がどの程度利用者に受け入れられるのか興味のあるところだ。 

 しかし、今回のような試みが増えることで、携帯向けのアニメ放送の状況が変りつつあるのは確かである。こうしたビジネスが始まること自体が、アニメ番組を観る媒体として携帯の役割が大きく注目されていることを示している。
 2005年は、インターネットの無料アニメ配信が急増した年であったが、2006年は携帯向けのアニメ無料配信の元年になるかもしれない。

/BLACK BLOOD BROTHERS公式サイト 

/フロントメディア 
/jig.jp 
/東芝エンタテインメント 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集