2007年のAX、コミコン、シーグラフ他の開催地(8/10) | アニメ!アニメ!

2007年のAX、コミコン、シーグラフ他の開催地(8/10)

ニュース イベント

 7月、8月は米国ではアニメーション・コミック・マンガ関連の大型イベントの開催時期である。そのイベントラッシュも、8月3日に終ったSIGGRAPHと6日に終ったOTAKONでほぼ完了した。
 こうしたイベントシーズンの熱気も冷めないうちに、既に来年のイベントの日程が相次いで発表されている。

注目のAX2007開催地移転
 来年のアニメ関連イベントでの大きな事件は、これまで4年間カリフォルニア州アナハイム市で開催されていたアニメエキスポが5年ぶりにロングビーチに移動することである。
 前回の2002年のロングビーチ開催時には1万人規模のイベントに過ぎかっただけに、今年4万人を超えたビッグイベントの移転は注目である。
 ロングビーチでは、ロングビーチコンベンションセンターのスペースを全て借り切る予定である。そのなかにはコンサートやコスプレ大会、セレモニーに利用される12,000人収容のアリーナも含まれる。また、開催日はこれまでの独立記念日を挟んだ日程でなく、6月29日から7月2日に若干前倒しされる。

 一方、東海岸にあるもうひとつの大型アニメコンベンションのオタコンも、開催日が8月から7月に繰り上がる。
 開催日は7月20日から22日まで、今年と同じボルチモア市のコンベンションセンターが利用されるので、今年や昨年と同様に参加人数に上限が設けられる可能性が高い。

サンディエゴにはコミコンとSIGGRAPH 
 2007年の注目は、7月末から8月初旬にかけてのサンディエゴだろう。7月26日から29日まで、例年通り全米最大規模のファンイベントのサンディエゴ・コミコンが開催される。
 それに加えて8月5日から9日まで、コンピュターグラフィックスのコンファレンスSIGGRAPH2007が開催されるからだ。
 かたやファンコンベンションから一大エンタテイメントビジネスの情報発信拠点に成長した大イベント、もう片方は学術的なアプローチからビジネス面でも影響力を持つようになったイベントである。この対照的なイベントが、わずか一週間を前後してサンディエゴで開催される。

ゲームショウの行方は?
 また、先週、開催規模の縮小を発表したゲームトレードショウのE3は、これまでと同じロサンゼルスで行われると見られる。開催期間も今年と同じ5月頃と考えられるが、企業展示会場の廃止などもありこれまでのようなお祭り気分はなくなるだろう。
 その代わりに、3月5日から9日にサンフランシスコで開催されるゲーム開発者会議2007がこれまでより注目されるかもしれない。

 それぞれのイベントはその由来や目的は大きく異なるが、文化やビジネスの最新情報を発信する点では共通している。
 また、例年の大盛況にもかかわらず規模の縮小を発表したE3のように、イベント経営自体がビジネス的な側面を持っている。そして、それぞれのイベントの盛衰がその産業の勢いをも示している。
 そうした意味では、成長するアニメ、CG、コミック、ゲーム関連のイベントは、北米でこれらの産業の影響力が依然拡大している現れといえる。

/ゲーム開発者会議(GDC)2007
 3月5日~9日(サンフランシスコ市・モスコニーセンター・ウエスト)
/E3 5月?(ロサンゼルス市?)
/アニメエキスポ2007
 6月29日~7月2日(ロングビーチ市コンベンションセンター)
/OTAKON2007 7月20日~22日(ボルチモア市コンベンションセンター)
/サンディエゴ・コミコン
 7月26日~29日(サンデェゴ市コンベンションセンター)
/SIGGRAPH2007 8月5日~9日(サンデェゴ市コンベンションセンター)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集