アジアのCGアート集めた ASIAGRAPH横浜(4/19) | アニメ!アニメ!

アジアのCGアート集めた ASIAGRAPH横浜(4/19)

ニュース イベント

 4月26日から5月6日まで、横浜・関内で日本を代表するCGアートとアジア各国のCGアニメーション集めたイベント「ASIAGRAPH2006 yokoham」が開催される。イベントは、作品の展覧会、上映会を行うアジアCGアートショーのほか、アジア芸術フォーラム「アジアの動画・メディア芸術・デザインの魅力」やセミナー、ワークショップも行われる。
 イベントのテーマは、日本のアニメやCG、ゲームに影響を受けて発達したアジア独自の表現様式によるCG作品、メディアアート、映像作品などを一同に集めること。また、それに関わる研究や産業技術も集めるとしている。
 今回の開催は昨年、愛・地球博で開催されたアジアグラフィック2005に次いで2回目となる。

 アジアCGアートショーは、世界的なCGアーティストである河口洋一郎氏や岸啓介氏、倉嶋正彦氏、鷺義勝氏らが企画展を行う。また、開催国展示部門と招待展示展示部門が設けられる。
 招待展示部門では、韓国、中国、台湾、インド、シンガポールなど各国のCGアートの紹介と文化庁メディア芸術祭作品、北京電影学院動画学院優秀作品、台南芸術大学優秀映像作品、東京国際アニメフェア・クリエーターズワールド展示作品といった国内外で評価の高いCGアニメーションが集められ上映される。
 開催期間は大型連休とも重なり開催地は観光地でもある横浜の港地区、連休を利用した多くの人出が期待出来そうだ。

/ASIAGRAPH2006 yokoham
平成18年4月26日~5月6日   
開催場所: 神奈川県民ホール
主催: ASIAGRAPH2006ヨコハマ実行委員会(アジアグラフィック・アジア芸術科学学会・横浜市)日本バーチャルリアリティ学会VR文化フォーラム
共催:神奈川県民ホール
後援:神奈川県 CG-ARTS協会(財団法人画像情報教育振興協会)(財)デジタルコンテンツ協会 日中CG文化交流協会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集