エウレカセブン 米国でもネット無料配信作戦(4/2) | アニメ!アニメ!

エウレカセブン 米国でもネット無料配信作戦(4/2)

ニュース 海外

 バンダイグループの米国会社であるバンダイ・エンタテイメントは、4月15日からの『交響詩篇エウレカセブン』のアメリカ放映開始に合わせてインターネット無料配信を行う。
 作品はバンダイ・エンタテイメントの公式サイト上の設けられた同社のコンテンツ配信サイトAnimevillage.comで行われる。

 まず、第1話が4月15日の放映終了翌日から1週間無料でダウンロードが出来る様になる。さらに放映話数が進むのと平行して、提供話数も入れ替えられて行く。この方法は、日本でも『エウレカセブン』を始め『機動戦士ガンダムSEED』や『BLOOD+』で用いられた作品のプロモーション方法である。
 これは『エウレカセブン』の米国でのビジネス展開の中心が、テレビの放映でなく関連商品の販売にあることを示している。つまり、テレビとインターネットのふたつの手段を用いることで作品の認知度を高め、関連ビジネスを拡大する方針だ。

 また、おそらくこの試みが日本企業とその関連会社による初の本格的なアニメ作品のインターネット配信であることも今後重要な意味を持つだろう。今回の『エウレカセブン』のインターネット無料配信は、バンダイ・エンタテイメントにとって『エウレカセブン』の作品プロモーション以上の目的もありそうだ。
 バンダイ・エンタテイメントの彌富健一社長は、「一週間の無料配信は作品のファンにとって大きな価値がある。また、バンダイ・エンタテイメントのビジネスにとって重要な合法的なインターネット配信導入の計画の一部でもある。」と述べている。つまり、バンダイ・エンタテイメントは、今後もインターネットを利用した番組配信をビジネスとして積極的に展開して行く意思がある。

 インターネットによる番組配信は、1)ファンが増加するアニメ作品の大量の在庫に容易にアクセスすることを可能にする、2)オリジナルのクオリティを保った作品を届けることでファンサブなどの違法配信に対抗出来る、3)DVD販売と異なり薄利多売が可能になるなどの利点が考えられる。

 また、Animevillage.comはサイト内でDVDの販売も行うとしている。販売価格は、インターネット割引が導入される予定である。ここ数年、日本アニメ流通企業はアニメ作品販売の収益低下に悩まされ続けてきている。
 しかし、今年はバンダイビジュアルがDVDの高付加価値戦略に乗り出すなどの動きもあり、新たなビジネスモデルの構築により反転に出る兆しが見えている。今回のインターネットを通じた無料配信もそうしたなかでの新たなビジネスモデルの模索といえるだろう

/バンダイ・エンタテイメント 
/交響詩篇エウレカセブン公式サイト 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集