ワンダーフェスティバル2006〔冬〕レポート(2/19) | アニメ!アニメ!

ワンダーフェスティバル2006〔冬〕レポート(2/19)

イベント・レポート

1.JPG 1985年の開催開始から20年以上、開催前の2006年のワンダーフェスティバル2006〔冬〕は、順風満帆とはいえなかった。
 3月に予定していた20周年記念イベントWF20の開催中止に加えて、2006〔冬〕についても会場側のダブルブッキングにより開催日の変更があったからだ。特に、2006〔冬〕は会場が確保出来ない可能性さえ言われていた。

 しかし、蓋を開けてみればいつも通りの大盛況で、ここ2、3年のワンフェスの勢いと成長が相変わらずであることみせつけた。これは、心配されていた会場が3回ぶりに東京ビッグサイトの西ホールに移ったことでも強く印象づけられた。
2.JPG もともと建物中心にあるアトリウムを利用した西ホールは、東ホールに較べて会場が一体的に利用され、盛況感を増幅するので使い勝手がよい。しかも、今回は西ホール利用としては初めて、1ホールから4ホール全部を利用という快挙となっている。
 いうまでもなく、これは西ホール全てとなり、ワンフェスの規模の一段の成長を印象づけるものである。

 会場は、通路が広げられて全体に移動が楽になったが、不思議と密度の低下による閑散とした感じはなく、ワンフェスの入場者がさらに増加していることを感じさせる。
 その一方で、コスプレイヤーの移動や撮影場所のスペースも十分確保出来るなど、運営面ではこれまでのワンフェスの中ではベストに感じた。

3.JPG 一方で、今回企業ブースがアトリウムから一部西1ホールにも進出するなど、コミケと同様に企業活動も活発になってきている。
 また、ディーラー出展においてもガレキだけでなく、それ以外の多彩な商品の販売も目立って来ている。規模の拡大と同時に、ワンフェスの質の変化もまだまだ続いているようだ。

 企業ブースでは、角川書店による新作ガメラ映画『小さな勇者たち GAMERA』の大規模なプロモーションが行われているのが際立っていた。また、主催者である海洋堂が新ラインナップ商品の「リボルテック」を宣伝し、タカラは『装甲騎兵ボトムズ』を強く打ち出していた。
 当日限定商品などの発売が減ったこともあり、企業ブース全体は穏やかな雰囲気であった。これまで、限定商品の発売がワンフェスの急激な拡大を支えてきた面もあった。
4.JPG しかし、現在はそうした目玉商品がなくても、ワンフェスは1日3万人から4万人の参加者を集めることが可能になっているようだ。

/ワンダーフェスティバル 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集