米CNでドラゴンボールZの再放送開始(2/14) | アニメ!アニメ!

米CNでドラゴンボールZの再放送開始(2/14)

ニュース 海外

 アメリカの大手アニメ流通企業のファニメーション・エンターテイメントは、人気アニメ『ドラゴンボールZ』を大手子供チャンネル・カートゥーンネットワークでの再放送を開始すると発表した。
 放映されるのは月曜日から木曜日まで、夜10時半からと再放送としては恵まれた時間帯である。
 ドラゴンボールシリーズは、ファニメーションがアメリカでの権利を持つ最も有力なアニメ作品のひとつである。また、テレビ放映終了後も新作アニメーションを上回る高い人気を維持し続けている。

 今回の再放送は、新作アニメに爆発的な人気作品がなかなか現れないなか、確実に人気が取れる旧作アニメの再放送で手堅いビジネスを行いたいというファニメーションの思惑があると言っていいだろう。
 そうしたビジネスは、当然『ドラゴンボール』のキャラクターを利用した商品展開が中心となる。また、今回の決定は、昨年アメリカで好調な売上げを記録した『ドラゴンボールZ』のゲームソフトの存在も念頭にあるに違いない。

 先週の日曜日、12日からニューヨークでは、各玩具メーカーが2006年クリスマス商戦に投入するキャラクター商品を事実上決めるトイフェアが始まっている。今回の発表のタイミングは、それを意識したものでもあるともいえる。

 『ドラゴンボール』は、ここで再び大きく取り上げられることによって、アメリカでのキャラクターとしての寿命がさらに拡大することが可能になる。そして、そこからさらに目指すべきは、ディズニーのように何十年にわたり愛されるキャラクターなのかもしれない。

/ファニメーション 
/カートゥーンネットワーク 
/トイフェア2006

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集