ウィーヴ エヴァンゲリオンの分冊百科発売(2/12) | アニメ!アニメ!

ウィーヴ エヴァンゲリオンの分冊百科発売(2/12)

ニュース アニメ

 アニメやキャラクターの企画事業を行うウィーヴは、『新世紀エヴァンゲリオン』を主題にしたパートワーク(分冊百科)の出版予定を発表した。同社はガイナックスより、パートワークに関わる許諾を正式に受けた。
 現在、ウィーヴは発行時期、流通形態は未定としている。しかし、シリーズのコンセプトは、『エヴァンゲリオン』のテレビ、映画のストーリーやキャラクターを詳細に解説するガイナックス公式設定集を完成させるものになるとしている。また、パートワークスの出版も同社が自ら手掛ける。

 パートワークス(分冊は)、テーマを決めた分野を雑誌形式の百科事典として定期的に刊行していく出版物である。日本では美術館の案内などから始まり、現在ではポピュラーな出版形態として定着している。
 近年アニメやマンガ分野でもパートワークスの発売が相次いでおり、小学館の「ぼく、ドラえもん」などが有名である。
 これまでにもウィーヴは、全121巻の『週刊スター・ウォーズ‐ファイルファクト』や現在刊行中で人気の高い『週刊ガンダム‐ファクトファイル』の編集などを手掛け、好評を博してきた。
 こうした実績を背景に、今回は人気作品『エヴァンゲリオン』を、出版を含めて自ら行う。

 『新世紀エヴァンゲリオン』は、テレビ放映から10周年を迎えるが依然人気は高い。特に、海外での実写映画化をはじめとして、10周年を向かえて再び注目度も高まっている。 
 こうした人気が今回のパートワーク計画の背景にあると言っていいだろう。

/ウィーヴ 
/ガイナックス 
/新世紀エヴァンゲリオン公式サイト 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集