アニー賞 アニメーション映画部門はウォレス(2/5) | アニメ!アニメ!

アニー賞 アニメーション映画部門はウォレス(2/5)

ニュース アワード/コンテスト

 国際アニメーション映画協会(ASIFA)ハリウッド支部は、年間のベストアニメーションを選出するアニー賞の2005年アニメーション映画部門に、ニック・パーク監督の『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』を選んだ。
 『ウォレスとグルミット野菜畑で大ピンチ!』は、イギリスのアニメーション制作会社アードマンによるクレイ・アニメーション。ニック・パーク監督によるこの作品は、短編映画では過去にも同賞を受賞しているが、今回、初めての長編映画で再びアニー賞に輝いた。

 劇場映画は、当初からその技術や物語に対する評価が高かった。また、ドリームワークスの配給により、当初の予想を上回る大ヒットとなり、アニメーション映画部門の有力候補とされていた。
 今回は、前評判通りの強さを発揮し、ライバルと目されていた宮崎駿監督『ハウルの動く城』やティム・バートン監督『コープス・ブライド』を退けての受賞となった。

/アニー賞公式サイト 
/ASIFAハリウッド 
/ウォレスとグルミット野菜畑で大ピンチ!公式サイト 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集