ファーストガンダムの無料ネット配信 NTTが開始(1/6) | アニメ!アニメ!

ファーストガンダムの無料ネット配信 NTTが開始(1/6)

ニュース 話題

 1979年に放送開始から現在まで多くのファンを持つガンダムシリーズ第1作『機動戦士ガンダム』(ファーストガンダム)の全話が、2月からインターネットで無料配信される。配信するのは、これまで『機動戦士ガンダムSEED』や『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を無料配信してきた、NTT東日本とNTT西日本が運営する「フレッツスクウェア」である。
 今回、バンダイチャンネル、サンライズとNTT東日本、NTT西日本の協力により、ファーストガンダムの初のブロードバンド配信が決まった。

 フレッツスクウェアは、現在は『ガンダムSEED DESTINY』とその関連番組の配信を行なっている。これに2006年2月16日からファーストガンダムの配信が加わる。ファーストガンダムは、オリジナルのままの各話が一週間ごとに入替り配信される。NTT東西のフレッツに加入していれば、誰でも無料で視聴が可能だ。
 また、フレッツスクウェアは、これ以外にファーストガンダムから『ガンダムSEED DESTINY』までの全ガンダムシリーズを網羅したオリジナルのガンダム情報番組「INSIDE ガンダム」の配信も開始する。こうしたガンダム関連コンテンツは、今後は「ガンダム on フレッツ」として統合される予定である。

 ファーストガンダムのブロードバンドでの初配信が無料というのは、かなり大胆な決断である。バンダイナムコグループにとってファーストガンダムが、最も重要なコンテンツであることは言うまでもないだろう。バンダイナムコのインターネット事業にかける強い意気込みの現われだろう。

 また、今回の配信はSEEDシリーズの無料配信の経験から、インターネットを通じた無料配信が既存のDVD販売などのビジネスと競合しないとの判断もあるに違いない。
 若い世代にはSEEDシリーズの人気がある一方で、ファーストガンダムを観たことないファンも多い。今回、SEEDシリーズと同時にファーストガンダムを配信することで、若い世代でのファーストの認知度を広げたいという意図が感じられる。
 ファーストガンダムは放映から既に30年近くたっている。今後のガンダムビジネス展開のためには、より多くのファンに宇宙世紀を舞台にしたガンダムの原点であるファーストガンダムを知って貰うことが重要だからである。

/ガンダム on フレッツ 

/バンダイチャンネル 
/サンライズ 
/NTT東日本 
/NTT西日本 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集