日本アニメのパロディアニメ アダルトスイム編(11/19) | アニメ!アニメ!

日本アニメのパロディアニメ アダルトスイム編(11/19)

ニュース 海外

 当サイトの記事の中で、日本アニメをパロディーにしたニッケルオデオンのアニメーション作品『Kappa Mickey』の話題を何度か扱ったが、この11月に日本アニメをパロディーにした別の米国アニメーション作品が放映開始される。そのタイトルの名前は、『パーフェクト・ヘアー・フォーエバー:Perfect Hair Forever』。頭の禿げた主人公の少年ジェラルドが、完璧なヘアースタイル求めて謎の土地を探検するという話である。

 あらすじとキャラクターデザインを見ただけでは日本スタイルとの関係はあまり感じられないし、宣伝文句にも日本を想起させるものは何もない。しかし、この作品の紹介ページをじっくり見ると、次から次へと出てくる変なニッポンたち!明らかに日本のアニメスタイルを意識したギャグとしか思えない設定の数々が現れてくる。
 とりあえずの注目は、ヒロインのブレンダちゃんである。ピンクの髪にセーラー服姿、勿論(?)巨乳、スカートの丈がめちゃめちゃ短くパンティーが丸見え、間違いなく日本アニメの美少女のパロディー。モデルロボットと名付けられたロボットは日本のスパーロボット、というよりガンダムを想起させる。そのほかにも画面に溢れる変な日本語が、物語を盛り上げている。

 さらに驚かされるのが、このアニメーションを放送するテレビ局があのアダルトスイムであることだ。アダルトスイムと言えば、数々の日本アニメの名作を放映してきたことで知られる日本アニメ作品放送の米国での拠点である。
 そのようなわけでこの日本アニメのパロディーは、『カウボーイビバップ』や『鋼の錬金術師』、『攻殻機動隊Stand Alone Complex』と並んで毎週放映されることになりそうなのだ。

 通常、パロディー作品は、オリジナルの存在が認知されて初めて成立可能となる。つまり、『Kappa Mickey』にしろ今回の『パーフェクト・ヘアー・フォーエバー』にしろ、大手テレビ局がこうした作品が放映するまでに日本特有のアニメスタイルが一般に浸透しているともいえる。逆に言えば『パーフェクト・ヘアー・フォーエバー』は、日本アニメを大量に放映するアダルトスイムだからこそ放映可能といえるかもしれない。
 いずれにしろ、一方で日本のアニメスタイルを取り入れたアニメーション作品の制作が増加しているという現状があり、もう一方でそうしたスタイルがパロディー化されている。海外における日本のアニメ文化は、新たな次元に入りつつあるのかもしれない。

/パーフェクト・ヘアー・フォーエバー公式サイト 
/アダルトスイム 

当サイトの関連記事
 /Kappa Mikey公式サイト日本アニメのパロディー
  /恐るべき米国の『日本アニメのパロディアニメ』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集