米国で消えたビーダマンの最終回(11/12) | アニメ!アニメ!

米国で消えたビーダマンの最終回(11/12)

ニュース 海外

 ディズニー系の地上波放送局ABCチャンネルは、地上波では数少ない日本アニメの放映を行っているテレビ局のひとつである。しかし、その扱いは現在縮小傾向にあるようだ。ABCは、長年同局で放映されて来た『メダロット』と『ベイブレード』の放映終了を決めたからである。
 しかし、その中でも新たに決まった日本アニメ『バトルビーダマン』の終了は、視聴者を驚かせたに違いない。なぜならこの放映は最終回を1話残したところでの終了となり、視聴者は最終回だけ観ることで出来ないという状況に陥ったからだ。過去にも、米国で視聴率が悪かったことを理由に途中で放映終了となった日本アニメは少なくないが、1話だけ残してという例はないはずだ。
 複数の日本アニメ作品放映終了の結果、ABCチャンネルで放映されている日本アニメ作品は『デジモン』のみとそれに戦隊シリーズをアレンジした『パワーレンジャー』だけになった。地上波放送における日本アニメ放送枠の縮小傾向を象徴する出来事と言えそうだ。

 ビーダマンはその名前の通り、ビー玉から考え出された対戦ゲームをベースにしたアニメで、日本では1990年代から続く人気アニメである。これ以外にも、『デジモン』、『ベイブレード』、『パワーレンジャー』など、ABCで放映される日本コンテンツは玩具販売と結びついたものが多い。そうした玩具の売れ行きも、今回の決定に少なからず影響した可能性が高いだろう。

/ABCのアニメ・カートゥーンサイト JETIX 
/バトルビーダマン公式サイト(日本)
/バトルビーダマン公式サイト(米国)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集