『星を継ぐ者』DVD 大ヒット週間ランキング1位(11/2) | アニメ!アニメ!

『星を継ぐ者』DVD 大ヒット週間ランキング1位(11/2)

ニュース 映画/ドラマ

z2.jpeg 10月28日に発売された『劇場版機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』のDVDが、オリコンのDVD週間総合ランキング(10月24日から30日)の1位を獲得した。これは、同じ28日に発売されたヒット映画『バットマンビギンズ』を押さえてのものである。
バンダイビジュアルでは、同DVDの初回出荷数が既に20万枚を越えており、売上枚数だけでなく売上高でも1位になったと発表している。3位には同28日発売の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY9』が入っており、ガンダムシリーズの根強い人気をみせつけたかたちになっている。

 『星を継ぐ者』はDVDの発売に先立ち、発売開始一ヶ月前から続編『機動戦士Zガンダム 恋人たち』の宣伝を兼ねインタネットを利用したブロードバンド配信を行う異例の発売体制だった。しかし、ブロードバンドの番組配信はDVDの売上高に影響を与えることなく、堂々のランキング1位となった。
29日からは続編『恋人たち』が公開されているが、劇場では『星を継ぐ者』のDVDを利用した料金割引キャンペーンが行われている。『星を継ぐ者』のDVDを持参すると料金が割引となるものだが、こうしたDVDを利用したキャンペーンもこれまでにない珍しいものである。

z3.jpeg こうした積極的な宣伝活動も貢献して、『恋人たち』の週末の興行成績は初登場で5位、上映劇場数104館で最初の週末に1億2000万円の興行収入となる好調さである。
 10月29日の『恋人たち』の公開日には、シリーズ第3作目のサブタイトル『機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛』とキービジュアル、劇場公開日が公表された。また、同日にその前売り券の販売が開始されるなど、シリーズ3作品を連携させて売り込むという絶妙なマーケティングぶりであった。前日買った『星を継ぐ者』のDVDを持って、『恋人たち』を観た帰りに『星の鼓動は愛』の前売りを買って帰るファンも多そうだ。          (c)創通エージェンシー・サンライズ

/劇場版機動戦士Zガンダム 
/バンダイビジュアル
/オリコン  
/興行通信社 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集