高田明美 オンラインゲームのキャラデザイン(11/1) | アニメ!アニメ!

高田明美 オンラインゲームのキャラデザイン(11/1)

ニュース ゲーム

 韓国発の人気オンラインゲーム『WYD』の日本展開にあったって、イメージキャラクターのデザインを人気イラストレーターの高田明美氏が手掛けることになった。高田氏はゲーム中に登場する4種類のキャラクター(トランスナイト、ポエマ、ビーストマスター、ハンター)のデザインのほか、ポスターや各種プロダクツのイラスト制作を手掛ける。

 『WYD』は、韓国ジョイインパクト社が2002年8月よりサービスを開始したオンラインゲームで、北欧神話をモチーフとしている。韓国では累計登録会員数が200万人を超える人気ゲームのひとつとして知られている。日本ではハンビットユビキタスエンターテイメントが11月下旬より1万人規模のβテストの開始を予定している。
 高田氏は『うる星やつら』や『クリィーミーマミ』、『きまぐれオレンジ☆ロード』のキャラクターデザインなどで知られているが、近年はアニメーターとしての活動よりイラストレーターとしての活動が活発である。

 オンラインゲームの市場はここ数年で急成長を遂げ、ゲーム業界、ネット業界両方から大きな注目を浴びている。しかし、そうした期待が大きいだけに新規参入や新規ゲームの投入が相次いでおり競争が激しくなっている。
 こうしたことから有名クリエーターの協力を得た話題づくりで、作品を宣伝するケースも増えている。今回もそうした話題づくりを兼ねた有名クリエーターの起用だといえるだろう。

/高田明美公式サイト Angels 
/WYD 
/ハンビットユビキタスエンターテイメント 
/ジョイインパクト(韓国語) 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集