第4回アニメ感想文(評論文)募集要項公表(10/10) | アニメ!アニメ!

第4回アニメ感想文(評論文)募集要項公表(10/10)

ニュース アワード/コンテスト

 中間法人日本動画協会と東京財団が主催する「アニメーション感想文(評論文)コンテスト」の第4回目の募集要項が日本動画協会で発表された。
 アニメーション感想文(評論文)コンテストは、優れたアニメ評論の存在こそが優れた日本アニメを作り出すとの考え、アニメ評論家の発掘・育成を目指している。平成15年の第1回を始まりに毎年東京国際アニメフェアの会場で発表と授賞式を行なっている。
 
 アニメ評論を募集する唯一の公募作品賞であるだけでなく、一般部門、高校生・大学教員部門とも最優秀賞40万円、優秀賞25万円となっており賞金額の大きいのも魅力である。これまでの受賞者は、第1回にアニメ評論家として知られている藤津亮太氏が『言葉とアニメーションと2人の監督』以外は、ほとんどが新人の授賞となっておりまさにアニメ評論の登竜門といえるだろう。
 アニメ評論家を目指す人や自分のアニメ鑑識眼を試してみたい人にとっては、力試しの場に申し分がない。実際の応募受付は12月15日から始まるが、締め切りが1月31日と早目になっているので、事前の準備が大切だ。
 直近過去2回は、高校生以下部門と一般部門として年齢により分けられていた。しかし、今回の募集は高校生以下の年少者を含めた一般部門と高校・大学教員部門に新たに編成され直されている。

募集要項
部門: 一般部門(含 高校生以下) 最優秀賞1名・優秀賞1名
     高校・大学教員部門     最優秀賞1名・優秀賞1名
賞金: 最優秀賞40万円・優秀賞25万円
対象作品: 日本製アニメーション(劇場アニメーション・テレビアニメーション・オリジナルビデオアニメーション)。長編・短編・1作品~複数作品に対する感想・評論は問いません。
字数: 3,000字以内
応募受付期間: 2005年12月15日(木)~2006年1月31日(火)(当日消印有効)

詳しくは日本動画協会のサイトの募集要項を確認ください。
/日本動画協会 

/東京財団 
/東京国際アニメフェア2006 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集