IGの世界がネットラジオで展開(9/29) | アニメ!アニメ!

IGの世界がネットラジオで展開(9/29)

ニュース イベント

IG EX.png 10月21日から渋谷パルコで開催される「プロダクションIG展」が話題を呼んでいるが、その「プロダクションIG展」と連動したインターネットラジオが明日30日金曜日から始まる。
 アニメ関連のコンテンツを中心にインターネットラジオを手掛ける音泉が、『プロダクションI.G STATION』と名付けられた番組を毎週金曜日に新しく更新する。番組は、インターネットを通じて随時聞くことが可能となる。

 プロダクションIGは、これまでもテレビ、映画を越え美術館や講演会などのイベントを通して多面的に作品の世界を展開している。インターネットラジオも、そうした作品展開の多様化のひとつといえるだろう。
 ラジオでは展覧会の紹介だけでなく、毎回IG作品の中から1タイトルを取り上げる予定である。ゲストとパーソナナリティの中川翔子がその作品についてトークを繰り広げる。人気作品が多いプロダクションIGだけに豪華なゲストが期待できそうである。
 プロダクションIGでは10月22日にも別のアニメ関連のインターネットラジオBEAT Net Radioの番組『SWEET BEAT EMOTION』の中で『IGPX』特集を放送する予定である。この番組は、「TIFF in AKIHABARA秋葉原エンタ祭り」の中で公開録音が行われる。

 一般的にはインターネットのコンテンツ配信というと、アニメ作品自体の配信が注目される。また、映像を主とするアニメ作品が、画像を紹介出来ないラジオ分野に進出するのは一見不思議に見える。しかし、かつて学生が勉強をしながらラジオを聞いていたように、インターネットのラジオ放送はPC上で作業しながらも聞けるという便利さがある。
 例えば、いまや30代の男性が一週間に利用するインターネットの時間は、テレビの視聴時間を越えている。インターネット上の作業する時間を奪うことなく、耳だけ傾けていればいいインターネットラジオは映像番組配信に較べると比較的利用しやすいメディアである。
 魅力的なパーソナリティとゲストがいれば、比較的低コストで人気のあるコンテンツを制作出来るということもある。これまでも80年代からずっと一般のラジオを通じて声優を中心としたアニメ関連番組は数多くあり、根強い人気を確保して来た。
 今後はインターネット上でアニメとラジオを組み合わせた番組配信、プロモーションイベントは増加をしていくだろう。

/プロダクションIG 
/プロダクションIG展 
/音泉 
/BEAT Net Radio 
/秋葉原エンタ祭り 

© 2004 士郎正宗/講談社 ・ I.G, ITNDDTD © 士郎正宗 ・Production I.G/講談社 ・攻殻機動隊製作委員会© 2005 CLAMP/講談社/ 「劇場版xxxHOLIC 真夏ノ夜ノ夢」 製作委員会 © 2005 CLAMP/講談社/ 「劇場版ツバサ ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君」 製作委員会© 2005 Production I.G ・Aniplex ・MBS ・HAKUHODO ©Production I.G ・Cartoon Network / IGPX製作委員会 © 2006 押井守 ・Production I.G/立喰師列伝製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集