東京ゲームショウ 史上最高の17万6千人 | アニメ!アニメ!

東京ゲームショウ 史上最高の17万6千人

イベント・レポート

 9月16日から18日の3日間の日程で開催されたコンピュターゲームのビジネスショウである東京ゲームショウ2005の入場者数が、過去最大の176,056人となった。昨年の入場者数16万96人から大幅な増加になる。
 3日間の内訳は16日のビジネスデイが36,068人、2日目が67,791人、3日目が72,197人である。ビジネスデイの入場者数36,068人も過去最大で、東京ゲームショウのビジネス面での関心が高まっていることを示した。ゲームショウは、2001年から順調に入場者数を伸ばしており99年秋に記録した過去最高の163,866人の入場者数を6年ぶりに更新することになった。

 今回の15回目を迎えたゲームショウだが、企業出展131社、発表タイトル数は600以上といずれも史上最高で、あらゆる面で過去最大のゲームショウだったといえるだろう。また、会場では、海外からのビジネス関係者や取材陣も多数見られ、国境を越えて拡大するゲームビジネスを象徴するイベントでもあった。
 しかし、キッズ(子供)入場者数は、過去最高であった2004年の23,685人を下回る18,577人であった。相対的に大人の入場者数の比率が高まった。来年の東京ゲームショウ2006は、今回と同じ幕張メッセを会場に9月22日から24日の予定で開催される。

東京ゲームショウ2005
9月16日(金) ビジネスデイ 36,068人
9月17日(土) 一般公開日 67,791人(内キッズ8,233人)
9月18日(日) 一般公開日 72,197人(内キッズ10,344人)
合計 176,056人

/東京ゲームショウ2005  
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集