実写版エヴァンゲリオンの昨今 | アニメ!アニメ!

実写版エヴァンゲリオンの昨今

ニュース 海外

 『新世紀エヴァンゲリオン』は今でも日米で高い人気を誇っている。とりわけ、米国では10月から大手ケーブルテレビ放送局のアダルトスイムでの放送も決まり再ブームの兆しすら出ている。
 ところで一時期話題になった『エヴァンゲリオン』が米国で実写映画化という話は現在どうなっているのであろうか。一部では立ち消えになった、計画は進んでいないとの話もあったが、米国のアニメ情報サイト:アクティブアニメの8月8日の記事によると、実写版『エヴァンゲリオン』の計画は未だ健在で、制作意欲は衰えていないという。
 この『実写版エヴァンゲリオンは健在:Live Action Evangelion Alive and Well 』の中では、実写版『エヴァンゲリオン』制作会社ADVのクリエイティブ・ディレクターデヴィッド・デル・リオの話として次の内容を伝えている。

 『エヴァンゲリオン』の映画化は今でも計画の中にある。
 ADVは映画をいつリリースし、世に出すかに手間取っている。
 ガイナックスは制作に賛同している。
 制作プロダションのWETAは、キングコングの特殊効果のため現在多忙である。
 制作がいったん準備されれば、現在WETAで公開されている第一段階のスケッチは変わることになるだろう。
 エヴァンゲリオンの映画はを2部構成か3部構成にしたいと考えている。

 日本アニメの米国実写映画化の話は企画が立てられては途中で頓挫して、なかなか実現しないものが多い。その代表のように考えられてきた『実写版エヴァンゲリオン』であるが、計画はまだまだ健在のようだ。数年後には、リアルな綾波やアスカに会える時が来るかも知れない。

アクティブアニメの記事 /Live Action Evangelion Alive and Well

/ADV
/WETA
記事では今後、変更の可能性が高いというWETAによる/『エヴァンゲリオン』第1稿
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集