SIGGRAPH 2005 CGアニメーションフィスティバル | アニメ!アニメ!

SIGGRAPH 2005 CGアニメーションフィスティバル

ニュース イベント

 7月31日から8月4日まで米国・ロサンゼルスで開催されるSIGGRAPH 2005のうちCGアニメーションフィティバルの詳細がSIGGRAPH 2005公式サイトで発表された。フィスティバルでは、最近、米国で大ヒットしたドリームワークスの『マダガスカル』をはじめとし、世界各地から応募された560作品から68作品にまで絞られた入賞作が上映される。この中から各賞の受賞作が選ばれることになる。
 日本からは京都精華大学の赤山仁氏の『Dice』、CAD CENTER CORPORATIONの『Recapturing the Lost Colors of BASARA (abbreviated version)』、スクウェア・エニックス松野泰己氏の『Final Fantasy XII』、ポリゴンピクチャーの『Samuroid Zero』、YKKAPコマーシャルの『"Evolution』の5作品の出品が決まっている。国別の出品作品では、地元米国のほかフランスを中心とするヨーロッパ勢の作品が目立ち存在感をアピールしている。また、韓国や台湾といった東アジアからの出品も見られる。

 SIGGRAPHは、コンピュターグラフィックスの世界的イベントとして知られているが、元々は米国コンピュター学会によるコンピュターグラフィックス学会と展示場が規模を拡大したものである。論文発表のほか、アートや教育プログラムなど幅広い範囲を網羅しており、CGアニメーションフィティバルもその一環として開催されており、。最も人気のあるイベントのひとつとして知られている。
 CGアニメーションフィティバルは、CGアニメーション作品を集中的に紹介しているが、CGアニメーションにおけるこのフィスティバル権威はかなり高い。ここで入賞のうえ上映され、さらに受賞作品に選ばれることはCGアニメーションの世界で非常に高く評価されることになる。
 
/SIGGRAPH2005 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集