韓国初のアカデミー賞候補はアニメーション | アニメ!アニメ!

韓国初のアカデミー賞候補はアニメーション

ニュース 海外

 昨日発表されたアカデミー賞候補作品のうち短編アニメーション賞でノミネートされた『バースデイボーイ』は、韓国作品としては初のアカデミー賞ノミネート作品になる。『バースデイボーイ』は、オーストラリア在住のパク・セジョン氏が朝鮮戦争による戦争孤児の物語を3Dアニメーションで描いたものである。CGアニメーションのコンファレンスと知られるSIGGRAPHで昨年ベストアニメーションに選ばれたほか、アヌシー国際アニメーション新人賞や文化庁メディア芸術祭でも優秀賞に選ばれている。
 パク氏自身はオーストラリアで活動を取っているものの、政府の積極的な支援で成長著しい韓国アニメーションを象徴しているようにも見える。
 なお、長編部門のベストアニメーション賞には『Mr.インクレディブル』、『シュレック2』、『シャークテイル』の3作品がノミネートされた。期待された『イノセンス』はノミネート逃した。やはり、他作品と比べた知名度が響いたことと、長編アニメーション賞は子供のための作品の賞とするイメージは覆せないようだ。

/バースデイボーイ(文化庁メディア芸術祭)
/アカデミー協会 
/SIGGRAPH
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集