ピクサー、ドリームワークス相次ぐ公開延期 | アニメ!アニメ!

ピクサー、ドリームワークス相次ぐ公開延期

ニュース 海外

 米国のアニメーション業界をリードするピクサーとドリームワークスが相次いで新作の公開延期を発表した。ドリームワークスは、本年大ヒットした『シュレック2』の続編『シュレック3』の公開を当初は2006年(再来年)11月としていたが、2007年の5月に延期すると発表した。ドリームワークスは、11月に公開した場合よりも5月に公開したほうが15%以上多い興行収入が見込めるためだとしている。
 一方、ピクサーもこれまで2005年(来年)11月公開としていた『カーズ』の公開を2006年6月に延期すると発表した。こちらも、夏休みシーズンを最大限に生かした興行を行うためとしている。この作品は、提携を解消したピクサーとディズニーの協力による最後の作品になることで注目を集めていた。今回の延期はディズニー側も了承済であるという。両者の今後に与える影響は不明である。
 また、ピクサーとの提携を解消することが決まっているディズニーは、ピクサー制作の大ヒットアニメーション『トイストーリー』シリーズの3作目『トイストーリー3』をピクサーの協力なしで独自に制作する方針である。これは、『トイストーリー』の権利関係をディズニー社が所有することに基づいている。
 2005年から2006年にかけては、20世紀FOXやソニーピクチャーズを含む大手スタジオから数多くのアニメーション作品の公開が予定されており、これも今回の延期に影響しているかもしれない。日本の作品では、年明け1月に『アップルシード』が米国で限定公開されるほか、3月に『スチームボーイ』、さらに『ハウルの動く城』の公開の視野に入っている。2006年には、フジテレビやGDHが製作を行う宮部みゆき原作の『ブレイブストーリー』がブエナビズタ系での公開を予定している。

/ドリームワークスアニメーション 
/ピクサーシュレック公式サイト(米国) http://www.shrek.com
/カーズ(Cars)公式サイト 
/スチームボーイ公式サイト(米国) 
/アップルシード公式サイト(米国) 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集