東京国際アニメフェア2005 出展スペース2割増 | アニメ!アニメ!

東京国際アニメフェア2005 出展スペース2割増

イベント・レポート 海外イベント

 毎年春にアニメビジネスの総合国際見本市として開催される東京国際アニメフェア2005(TAF)が来年は3月31日から4月3日の予定で開催される。東京国際アニメフェア公式サイトの12月1日のニュースによると11月30日に展示会出展者のための説明会が開催された。そして、11月30日の時点で2005年のフェアの出展申し込みは100社を越え小間呼ばれるおよそ9平方メートルの展示ブースの申し込みは昨年の427を大きく越える500以上に達した。これは、前回の約2割増しになっているという。
 また、来年のフェアにはこれまでの見本市、コンペティション、イベントに加えて、ビジネス機能の強化のため海外バイヤー向けのメールボックスや作品の見本を鑑賞出来るスクリーニング室、バイヤーズラウンジ、プレス活動のためのプレスルームが新設される。さらに、投資家向けの事業説明を行うIRの開催、一般客向けにはスタンプラリーなどの開催もありこれまで以上にフェアへのサポートが期待できる。
 過去3年間でフェアはアニメビジネスブームともいえる現状を背景に好調な拡大を続けている。開催初回の入場者およそ5万人は昨年度で7万2千人を越え、海外バイヤーとプレスの参加人数も初回の200人前後からそれぞれ昨年は511人と785人に増加している。出展スペースの増加とビジネス機能の強化により、次回はさらなる成長が期待出来るだろう。

/東京国際アニメフェア 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集