みなとみらいにアニメ文化紹介施設?

ニュース そのほか

 本年の10月1日にサミーと経営統合するセガだが、横浜市の発表によると横浜みなとみらい21地区に本社機能の一部とアミューズメントを含む大型複合施設建設することが決まっている。投資総額は約300億円で、着工は2006年度、完成は2008年度予定になっている。サミー、セガの公式発表では今後横浜市と協議のうえ具体的な内容を決めるとあり詳細は発表されていない。

 しかし、日経産業新聞、Fujisankei Business iといった経済紙では次のような内容が明らかになっている。敷地面積1万8000平方に延べ床面積6万3000平方地上9階建て、地下1階の屋内型エンターテインメント施設を建設する予定。施設はスポーツ、映像、世界に発信できる日本文化の3つのテーマで構成され体験型アトラクション、スポーツバー、販売店、シネコン、ゲームセンターがメインになる。これに加えて、日本のアニメやマンガを紹介する施設の計画があがっている。
 未定とはいえ、日本のアニメを紹介する施設がどのようになるのか気になるところだ。映像のライブラリーや制作資料の展示、制作工程の紹介などといった施設などが考えられるだろう。

/セガ 
/サミー 
/横浜みなとみらい公式ウェッブ 
/日経産業新聞
Fu/jisankei Business i 
《animeanime》

特集